栽培について

有機栽培ってどんな栽培?

有機栽培

有機JASマーク

栽培中に、化学合成農薬と化学肥料の使用が禁止されています(ただし、指定された天然系農薬の使用は認められています)。
これは、栽培をするその年だけ使用しないということでは認められません。土壌中に、農薬や化学肥料が残っていれば意味がありませんので、米や野菜などの1年生作物は、種まきや植え付けの前2年間、多年生の作物は前3年間使用していないことが条件です。
有機栽培は、農林水産省の認可がある認定機関からの、認定を受けなければなりません。申請時はもちろん認定後も、毎年監査がおこなわれ、違反したときは罰則の適用があります。この認定を受けた生産者のみが、「有機農産物」あるいは「有機栽培」、「有機○○」の表示とJASマークをつけて販売することができることになっています。

特別栽培ってどんな栽培?

特別栽培

特別栽培 イメージ

その農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物のことになります。

減農薬栽培ってどんな栽培?

減農薬野菜

農作物が生産させた地域により慣行レベルは異なるが、農薬の使用回数を従来より5割以下に削減した農作物のことになります。

無農薬栽培ってどんな栽培?

無農薬野菜

書いて字のごとく農薬を使用しないで栽培をすること。
肥料については一切問わないので化学肥料やその他肥料は何を使ってもかまいません。
有機栽培のように認証制度はなく、農林水産省のガイドラインでは特別栽培と表示されていることもございます 。

ケイエーラボ関連情報